<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏のPARIS  6

f0088639_1401246.jpg

よく晴れた夏の空 よく見ると飛行機が雲に向かっていた。
f0088639_1405017.jpg


サマータイムで時差7時間
夜22:00頃は未だ明るい
部屋から見えるエッフェル塔。 上が21:00下が朝7:00頃
f0088639_1411485.jpg

[PR]
by syougachan | 2009-08-29 01:49 | 和み@その他 | Trackback | Comments(0)

夏にPARIS 5

f0088639_1253242.jpg

f0088639_126753.jpg

カルチェ・ラタンの一角にある独特な雰囲気の白い建物、モスケ・ドゥ・パリ(パリのモスク)。
実際に使われている礼拝所ですが同じ敷地にあるサロン・ド・テとレストランは誰でも入れます。
多くのパリジャンたちで賑わっています。飾りタイルの内装がとても美しいレストランで、
クスクスシェフをオーダーしました。
一人前をシェアしてもお腹一杯の量です。ミックスのグリルされた肉が別にサーブされます。
かなりスパイスが効いて美味です。鍋の中は野菜がたくさん入ったスープ(シチュー)です。
これをかけていただきます。
飲み物はガス入りの水 バドワ。

サロン・ド・テも賑っていました。中庭で甘味たっぷりのミントティーをオーダーしている人が多かった。


Mosquee de Paris
パリのモスク
39 rue Geoffroy St Hilaire 75005
01 43 31 38 20
Censier Daubenton 7番線、徒歩2分
サロン・ド・テ 9:00~24:00
レストラン 12:00~15:30、19:00~23:30
無休
http://www.la-mosquee.com
[PR]
by syougachan | 2009-08-26 01:15 | 和み@その他 | Trackback | Comments(0)

夏にPARIS 4

夏と言えば・・・・・ドゥリアン♪《笑》

SQで行ったのは・・・シンガにも行きたかったのです。

シンガポールの7月!!シーズンのドゥリアンを求めて
ゲイランやブギスに行く!!!
近くに行くだけで、風向きでドゥリアンのいい香りがっ
あーーーー幸せです。
高いドゥリアンを売りつけて来るけど(1キロSドル14とかのブランド物)・・負けない《笑》
小さいけど1個S$2のドゥリアンを現地の人が真剣に選んでいる!!!

D24もSドル1個10ドルで買ったけど、小さいのも購入した。
高いのはそれなりに本当に甘くて美味しい!!!
小さいのは実が1房しかなかったり様々・・・でも味見をさせてくれたり親切に対応してくれます。
あんまりだと、別のを割ってくれます・・・・
嫌いな人にはどーでも良い話ですが、好きな人には嬉しい話ということで。
たくさん食べて大満足のシンガの夜♪
f0088639_18153287.jpg
f0088639_18155017.jpg

レイガーデンの左がドゥリアンプリン右はマンゴープリン
f0088639_18493138.jpg

[PR]
by syougachan | 2009-08-15 18:16 | 和み@SINGAPORE | Trackback | Comments(0)

夏にPARIS 3


いつも冬にしか行かないので、念願のジヴェルニーへ行ってみました。
行って良かった。お薦めです!!
f0088639_711088.jpg


モネが43歳のときに移り住み、生涯を終えた場所『ジヴェルニー』
パリの西約70km、セーヌ川 が近くを流れる小さな村です。

この村の見どころはもちろん、モネが暮らした家と庭 です。
モネが暮らしていたころの家具と共に残されています。
モネの浮世絵コレクション。膨大な数の浮世絵が所狭しと飾られています。
f0088639_7225418.jpg


そして、何といっても見逃せないのはお庭。色とりどりの花が咲き乱れる中を、蓮池に向かいます。水面に浮かぶ睡蓮、しだれ柳、太鼓橋・・・ここであの「睡蓮」が生まれました。

注意!!!蓮池には道を挟んでいる為、トンネルをくぐらなければ行けません。
蓮の池に行けなかったなんて・・・残念な事がない様に
f0088639_7282087.jpg

 
84, rue Claude Monet 27620 Giverny
02 32 51 28 21
4月1日~10月31日
9:30~18:00
11月1日~3月31日
大人 5.50€、学生 4€
7~11歳 3€、7歳未満無料

f0088639_132939.jpg

(写真は3月のPARISより)
2006年5月に待望のリニューアルオープンとなったオランジュリー美術館。
自然光を上手に採り入れた柔らかな光の中で見る360度モネの睡蓮の部屋は
なんといっても見逃せないです。
展示室の真ん中にソファーがあるのでのんびり出来ます。贅沢な時間です。

Musee de l'Orangerie
オランジュリー美術館
Jardin des Tuileries 75001
Concorde 1,8,12番線 徒歩3分
[PR]
by syougachan | 2009-08-10 07:37 | 和み@その他 | Trackback | Comments(0)

夏のPARIS 2

Fraise des Bois フレーズ・デ・ボワ(森のイチゴ)
小指の爪くらい小さいの♪

野生のものは、6ー7月
山間部では9月まで収穫される。

市場で見かける多くは栽培もので、野生と比べると粒が大きく、香りは落ちると言います。
f0088639_0213363.jpg

[PR]
by syougachan | 2009-08-05 00:11 | 和み@その他 | Trackback | Comments(0)